記事の詳細

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - DSDネイティブ再生(foobar2000でASIO 2.1編)
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

2014年3月30日時点のソフトウェアバージョン向けに更新しました
手持ちのDACがASIO 2.1のDSDネイディブ再生に対応していたので、foobar 2000における前者の設定手順を紹介します。

PCオーディオでに注目を浴びつつあるDACによるDSD対応ネイディブ再生ですが、現状で以下の代表的な再生方式があります。

  • ASIO 2.1 :ASIO 2.1サウンドドライバによりDSDビットストリームを伝送。
  • DoP:DSD over PCM。DSDのビットストリームをPCMフレームでカプセル化して伝送する。

この記事では前者の方法を紹介します。後者のDoP方式の設定方法をお探しの方はこちらをご覧ください。

用意するもの

すべてフリーで用意できます。

プラグインのインストール

foobar2000本体は、インストールウィザードに従いインストールします。

1. Super Audio CD Decoderプラグインのzipファイルを解凍し、ASIOProxyInstall-0.6.5.exeを実行してASIOProxyをインストールします。インストールはウィザードに従うだけになります。

2. foobar2000を起動し、メニューより「File」→「Preferences」に進みます。

3. Componentsメニューより「Install…」をクリックし、ASIOプラグインの「foo_out_asio.fb2k-component」を選択します。
Moduleに「foo_out_asio」が追加されたことを確認します。

foo_out_asioのインストール

4. 再び「Install…」をクリックし、Super Audio CD Decoderプラグインに同梱されている「foo_input_sacd.fb2k-component」を選択します。
Moduleに「foo_input_sacd」が追加されたことを確認します。

foo_input_sacdのインストール

5. 「OK」を押し、foobar2000を再起動します。

foobar2000の再起動

プラグインの設定

ASIO出力の設定と、DSD処理の設定を行います。

1. foobar2000の再起動後、メニューより「File」→「Preferences」に進みます。

2. 「Playback」→「Output」→「ASIO」に進み、「foo_dsd_asio」をダブルクリックします。

ASIOの設定1

3. 以下の項目を選択します。
・ASIO Driver :<使用するDACに対応しているもの>
・DSD Playback Method:ASIO Native

ASIOの設定2

4. 「Playback」→「Output」→「ASIO」に進み、再生デバイスに「ASIO:foo_dsd_asio」を選択します。

デバイス出力の設定

5. 「Tools」→「SACD」に進み、以下の項目を選択して「OK」をクリックします。

・ASIO Driver Mode:DSD

DSD処理方法の設定

    • A2c
    • 2013年 3月 17日

    iPhineに既にDSDをダイレクトに再生できるアプリありますよ!

  1. >A2cさん
    DSD-1のことですね。お名前から察するに開発者の方でしょうか。
    既にアプリは購入しましたので、ある程度検証したらレビューさせていただきます。

    • 名無し
    • 2013年 9月 04日

    参考になりました!

    • 匿名
    • 2013年 9月 08日

    大変参考になりました。ありがとうございます。

    >4. 「Playback」→「Output」→「ASIO」に進み、再生デバイスに「ASIO:foo_dsd_asio」を選択します。
    DSDネイティブ再生のため、色々サイトを見て回りましたが、やっと再生できるようになりました。

    • 匿名
    • 2013年 10月 28日

    TEAC UD-1でDSDネイティブ再生をしようと試みましたが、上記のとおり手順を追って設定しましたが駄目でした。(涙)
    どこが悪いんでしょうか?
    ちなみにfoobar2000hはv1.29です。

    • 匿名
    • 2014年 3月 30日

    大いに助けられました。
    どうも有り難うございました。

    • 鬼山邦夫923
    • 2014年 4月 15日

    DSDネイティブ再生に成功しました。
    あなたのお陰です。感謝!!

    • 松木信義
    • 2014年 7月 13日

    USB?DACはTEACのUD-501で、レコーダーをコルグMR-2でしたのでソフトはaudiogateを使いました。ネイティブDSDの再生がうまくいかないので、foober2000がいいとのことですので使い始めました。設定は大いに参考になりました。感謝です。OSはwin7です。6/25の1bitオーディオ研究会(開催・早稲田大)に刺激されて、始めたばかりです。いいソースにめぐり合うことを楽しみにしています。

  2. >松本様

    当サイトのコンテンツが役に立ったようで、何よりです。

    DSDは機器が充実してきている割には、コンテンツはさっぱりなので、早く後者が充実して欲しいと願うばかりです。

    • ハイレゾ初心者
    • 2014年 12月 21日

    Katgum 様

    お邪魔いたします。
    ハイレゾ(PCオーディオ)初心者です。
    (先日、TEACのDAC 「UD-301」を買ったばかりです)

    ●お陰様で、foobar2000で「DSDのネイティブ再生」が出来ました。本当にありがとうございます。

    ●TEAC提供のソフト(TEAC HR Audio Player)使って、DSD音源のネイティブ再生をすると、PCへのローディングが始まってしまいかなり待たされてからの再生となります。
    その上、再生途中で始めに戻して再生すると、再度ローディングが始まってしまいイライラします。使用PCは、Win7・core duo・メモリー2Gですから、これはPCのスペックが起因ではないと思います。
    ●一方、foobar2000を使った「DSDのネイティブ再生」は、こうした待ち時間が全くありません。両ソフトのDSD再生の音質比べは未だやっていませんが、foobar2000は使用感で遥かに勝ります。
    <因みに、AUDIOGATEの旧版(Ver.2.3.3)もインストしましたが、KORG製のDACでないとDSD再生は一切出来ないようです>

    (照会事項)
    恐縮ですが、以下の疑問にお答え頂ければ幸いです。
    ●foobar2000でDSDのネイティブ再生中、画面上部バーにある音量ボリュームが全く利かなくなります。利かせたいのですが、設定変更で何とかならないでしょうか?

    それでは、失礼いたします。

  3. >ハイレゾ初心者さん
    私の環境でも同じです。

    おそらくですが、PC上でリニアPCMまで落とし込めるものはボリューム調節可能、そうじゃないものは音量調節不可になっていると思われます。

    実際にfoobar2000上で、DSDをリニアPCMに変換できるようにすると音量調整可能になります。(※やり方は下記にて) これをやるとDSDネイティブ再生ではなくなってしまいますが、音質は聴覚上そんなに悪くなったようには感じないかと思います。

    <やり方>
    PreferencesからTools->SACDより、
    ASIO Driver Modeを「PCM」に変更。PCM Samplerateは、DACが対応したサンプリング周波数に変更。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る