PC関連メモ

DSDネイティブ再生(foobar2000; SACD Decoder 1.0.0-1.0.6)

更新日:

本説明の図に書かれている数字は、クリック/選択する順番になります。数字付き箇条書きの数字とはリンクしていません。

(追記)検索や外部サイトからのリンクでたどり着いた方へ

この記事は「Super Audio CD Decoder 1.0.0-1.0.6」のバージョンを対象とした記事になります。ASIO 2.1を用いてDSDネイティブ再生を行うDSD Native(DSD Direct)方式は、本記事の対象バージョンでは利用することはできません。DSDネイティブ再生に関する部分は、DoP方式のみが対象の記事となります。

さらに新しいバージョン向けの記事でもご覧になれます。詳しくは「【2017年版】DSD再生の記事はどれを見れば良いのか?」をご覧ください。

また、個別DACに関する質問に関しては、その機種を持っていないため基本的に明確な答えを出せません。予めご了承願います。

本記事の対象範囲

  1. foobar 2000でDoPを用いてDSDを再生する方法 (DSDネイティブ再生に対応している機器をお持ちの方向け)
  2. foobar 2000でDSDをリニアPCMに変換してDSDを再生する方法 (DoP方式に対応していない、DSDネイティブ再生に対応している機器をお持ちではない方向け)

用意するもの

以下のアプリとコンポーネントを用意します。すべて無料で入手できます。

DSD再生設定の画面を日本語にしたい場合

当サイトの「foobar2000コンポーネント:Super Audio CD Decoder」の日本語化ファイルのページより、日本語化ファイルを入手してください。日本語化するとコンポーネントの設定が以下のような画面になります。
foobar 2000 SACD Decoder 1.0.2

コンポーネントのインストール

Super Audio CD Decoderコンポーネント(foo_input_sacd.fb2k-component)とASIO Support(foo_out_asio.fb2k-component)をインストールします。

Super Audio CD Decoderコンポーネントのインストール

  1. Super Audio CD Decoderコンポーネントのzipファイルを解凍します。
  2. foobar2000を起動し、メニューより「File」→「Preferences」に進みます。
  3. 「Install…」をクリックし、「foo_input_sacd.fb2k-component」を選択します。Moduleに「foo_input_sacd」が追加されたことを確認します。
  4. 先程と同様に「Install…」をクリックし、「foo_dsd_processor.fb2k-component」を選択します。Moduleに「foo_dsd_processor.fb2k-component」が追加されたことを確認します。
  5. 最終的に「foo_input_sacd.fb2k-component」「foo_dsd_processor.fb2k-component」が追加されたことを確認したら「OK」をクリックします。
  6. その後foobar2000の再起動を促すウィンドウが表示されるので「OK」をクリックします。

foobar2000 Super Audio CD Decoderコンポーネントのインストール

ASIO Supportコンポーネントのインストール(ASIO対応デバイスをお持ちの場合)

  1. ASIO Supportコンポーネントのzipファイルを解凍します。
  2. foobar2000を起動し、メニューより「File」→「Preferences」に進みます。
  3. 「Install…」をクリックし、「foo_out_asio.fb2k-component」を選択します。Moduleに「foo_out_asio」が追加されたことを確認します。
  4. 「OK」をクリックすると、foobar2000の再起動を促すウィンドウが表示されるので「OK」をクリックします。

foobar2000 ASIO Supportコンポーネントのインストール

再生デバイスの設定

音楽ファイル(DSD含む)を再生するデバイスを選択します。

  1. ?foobar2000の再起動後、メニューより「File」→「Preferences」に進みます。
  2. 「Playback」→「Output」に進み、Deviceから音楽ファイルの再生で使用するデバイスを「DSD:<ドライバ名>:<デバイス名>」となっている項目の中から選択します。

foobar2000 DSD対応デバイスの選択

  1. 「Playback」→「DSP Manager」に進み、「Downmix channels to stereo」の項目をActive DSPsに追加します。

foobar2000 ステレオデバイスのためのチャネル設定

DSD再生の設定

説明は英語の画面で進めます。デバイスのDSDフォーマットの対応状況に合わせ、設定を変更します。

DoP対応デバイスの場合

  1. 「Tools」→「SACD」に進み、Output Modeが「DSD」になっていることを確認します。
  2. 「OK」をクリックします。

foobar2000 DSDネイティブ再生の設定(DoP)

リニアPCM変換して再生する場合 (DoP非対応デバイスの場合)

  1. 「Tools」→「SACD」に進み、Output Modeを「PCM」に変更します。
  2. リニアPCMのサンプリング周波数を、お手持ちの機器のスペックに合わせ設定します。
  3. 「OK」をクリックします。

foobar2000 DSDをPCMに変換して再生する設定

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

katgum

日本語化工房の管理人。最近はPCアプリの日本語化コンテンツとともに、仮想通貨に関する情報発信に情熱を傾けています。 日本語化工房を通じ、ITで豊かな生活を創出するをモットーに日々頑張っているつもりです。

-PC関連メモ
-,

Copyright© 日本語化工房 , 2018 All Rights Reserved.