記事の詳細


この記事は「Super Audio CD Decoder 1.0.0」以降のバージョンを対象とした記事になります。Super Audio CD Decoderは、バージョン0.9.7以降からDoP方式のみの対応となり、ASIO2.1によるDSD Direct方式は使えなくなりました。DSD Direct方式のみに対応しているDACをお持ちの方は、DSDネイティブ再生(foobar2000; SACD Decoder 0.9.2-0.9.6)をご覧ください。

本説明の図に書かれている数字は、クリック/選択する順番になります。数字付き箇条書きの数字とはリンクしていません。

本記事の対象範囲

  1. foobar 2000でDoPを用いてDSDを再生する方法 (DSDネイティブ再生に対応している機器をお持ちの方向け)
  2. foobar 2000でDSDをリニアPCMに変換してDSDを再生する方法 (DoP方式に対応していない、DSDネイティブ再生に対応している機器をお持ちではない方向け)

用意するもの

以下のアプリとコンポーネントを用意します。すべて無料で入手できます。

DSD再生設定の画面を日本語にしたい場合

当サイトの「foobar2000コンポーネント:Super Audio CD Decoder」の日本語化ファイルのページより、日本語化ファイルを入手してください。日本語化するとコンポーネントの設定が以下のような画面になります。
foobar 2000 SACD Decoder 1.0.2

コンポーネントのインストール

Super Audio CD Decoderコンポーネント(foo_input_sacd.fb2k-component)とASIO Support(foo_out_asio.fb2k-component)をインストールします。

Super Audio CD Decoderコンポーネントのインストール

  1. Super Audio CD Decoderコンポーネントのzipファイルを解凍します。
  2. foobar2000を起動し、メニューより「File」→「Preferences」に進みます。
  3. 「Install…」をクリックし、「foo_input_sacd.fb2k-component」を選択します。Moduleに「foo_input_sacd」が追加されたことを確認します。
  4. 先程と同様に「Install…」をクリックし、「foo_dsd_processor.fb2k-component」を選択します。Moduleに「foo_dsd_processor.fb2k-component」が追加されたことを確認します。
  5. 最終的に「foo_input_sacd.fb2k-component」「foo_dsd_processor.fb2k-component」が追加されたことを確認したら「OK」をクリックします。
  6. その後foobar2000の再起動を促すウィンドウが表示されるので「OK」をクリックします。

foobar2000 Super Audio CD Decoderコンポーネントのインストール

ASIO Supportコンポーネントのインストール(ASIO対応デバイスをお持ちの場合)

  1. ASIO Supportコンポーネントのzipファイルを解凍します。
  2. foobar2000を起動し、メニューより「File」→「Preferences」に進みます。
  3. 「Install…」をクリックし、「foo_out_asio.fb2k-component」を選択します。Moduleに「foo_out_asio」が追加されたことを確認します。
  4. 「OK」をクリックすると、foobar2000の再起動を促すウィンドウが表示されるので「OK」をクリックします。

foobar2000 ASIO Supportコンポーネントのインストール

再生デバイスの設定

音楽ファイル(DSD含む)を再生するデバイスを選択します。

  1. ?foobar2000の再起動後、メニューより「File」→「Preferences」に進みます。
  2. 「Playback」→「Output」に進み、Deviceから音楽ファイルの再生で使用するデバイスを「DSD:<ドライバ名>:<デバイス名>」となっている項目の中から選択します。

foobar2000 DSD対応デバイスの選択

  1. 「Playback」→「DSP Manager」に進み、「Downmix channels to stereo」の項目をActive DSPsに追加します。

foobar2000 ステレオデバイスのためのチャネル設定

DSD再生の設定

説明は英語の画面で進めます。デバイスのDSDフォーマットの対応状況に合わせ、設定を変更します。

DoP対応デバイスの場合

  1. 「Tools」→「SACD」に進み、Output Modeが「DSD」になっていることを確認します。
  2. 「OK」をクリックします。

foobar2000 DSDネイティブ再生の設定(DoP)

リニアPCM変換して再生する場合 (DoP非対応デバイスの場合)

  1. 「Tools」→「SACD」に進み、Output Modeを「PCM」に変更します。
  2. リニアPCMのサンプリング周波数を、お手持ちの機器のスペックに合わせ設定します。
  3. 「OK」をクリックします。

foobar2000 DSDをPCMに変換して再生する設定

関連記事

  1. 記事更新,ありがとうございます。
    ASIOによるDSD Direct方式が未サポートとなってしまい,残念ですね(´・ω・`)

  2. ご覧いただきありがとうございます。
    先日のurichanさまのコメントを見ると突破口がありそうなのですが、なかなかいい方法が確率できずにおります。

    もっと頑張って調査したいと思います。

    • 小林 雄一郎
    • 2016年 11月 25日

    ASIOによるDSD Direct方式が未サポートのため、sacd decoderについては、0.9.6にもどして、DSD256のファイルを再生しています。また、いつかDSD Directで再生可能となれば良いのですが。
    Dop方式では、精神的に何か気分が悪いので。

    • ぬっきー
    • 2016年 11月 28日

    別途、ASIOProxyをインストールすると、従来通りのASIOによるDSD Direct方式で動作しているように思えるのですが、違うのでしょうか?

    ちなみに、foo_input_sacd-1.0.2.zipと、ASIOProxyInstall-0.9.4.zipを使っています。

  3. @ぬっきー さん
    その通りなのですが、あの方法も完璧ではないようなので載せておりませんでした。

    foo_input_sacdから出てきたDoP出力を、ASIOProxyで受け取ってDSD Directで受け取るというやり方になりますが、
    今のASIOProxyでは、PCM系のハイレゾ音源を再生した場合も強制DSD変換され、DSD Direct出力になると理解しております。

    参考までにどのような設定をされておりますでしょうか。
    もしぬっきーさんのご存知のやり方でうまく動いているようでしたら、切実にご教示いただきたく思っております。

    • ぬっきー
    • 2016年 11月 29日

    KORG DS-DAC-100を使用しています。

    ASIOProxy-0.9.4では、サンプリング周波数別に、
    ・無変換
    ・DSD出力
    ・DoP出力
    の設定ができるようになっています。

    実際に、どのように処理しているのかは、わかりません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連コンテンツ

ページ上部へ戻る