片面1層 > DVD-R、DVD+Rにバックアップ, 片面2層 > 2層メディア(DVD-R DL、DVD+R DL)にバックアップ

このバックアップ方法では、DVDに収録されているコンテンツの品質を全く落とさずにバックアップを行うことができます。また、この方法でのバックアップは最も簡単です。DVDの読み込み>DVDの書き込みという2ステップでバックアップを行うことができます。しかしながら、2層DVDのバックアップをする場合は、メディアのコストが高くなってしまうという欠点があります。

DVDの読み込み

DVD Decrypterを起動させたら、モード>ISO>読み込みを選択します。

DVD Decrypter: ISO読み込み1

  1. ディスクを挿入したドライブを選択します。
  2. ディスク内容を保存する場所を指定します。
    多くの容量が必要なので、最低4.38GB(2層ディスクならその2倍)の空きがあるハードディスクの場所を選択してください。また、水色で囲まれた部分をクリックすると、保存場所に指定したフォルダを参照することができます。
  3. 入力元・出力先を指定したら、ディスクの読み込みを開始します。

DVD Decrypter: ISO読み込み2

進行のゲージが100%になればディスクの読み込みは完了です。
次に記録メディアに読み込んだ内容を書き込みます。

DVDの書き込み

DVDの読み込み工程で作成したISOファイルを、DVD±Rに書き込みます。2層DVDの読み込みを行った場合は、2層タイプの書き込みDVD(DVD±R DL)を用意してください。

DVD Decrypter: ISO書き込み1

  1. ディスク内容を取り込んだファイルを指定します。また、水色で囲まれた部分をクリックすると、ファイルの保存場所に指定したフォルダを参照することができます。
  2. ブランクディスクが挿入されているドライブを選択します。
  3. 書き込み時の速度を指定します。
    1層ディスクへ容量一杯に書き込んだときの速度と作業時間の目安は以下の通りです。また、本のマークをクリックすると、DVD+R/DVD+R DL書き込みの時のBookTypeの設定が行えます。 ROM化を行いたい時に有効な設定です。

    速度 時間 速度 時間
    1倍速 60分 6倍速 10分
    2倍速(-Rのみ) 30分 8倍速 8分
    2.4倍速(+Rのみ) 25分 12倍速 6分30秒
    4倍速 15分 16倍速 6分10秒

    ※ 2層ディスクへ容量一杯に書き込んだ場合は上記の2倍の時間がかかります。

  4. 入力元・出力先を指定したら、ディスクの読み込みを開始します。

DVD Decrypter: ISO書き込み2

進行のゲージが100%になればディスクの書き込みは完了です。

投稿日:2007/12/24 月曜日 更新日:

Copyright© 日本語化工房 , 2019 All Rights Reserved.