ドライブの特殊機能

「BenQ」「LITE-ON」「Plextor」製のドライブには、他のドライブにない極めてマニアックな機能がついています。ImgBurnでは、ドライブ付属のユーティリティを使わずにこれらの機能を設定を変更することができます。設定は「構築(出力:デバイス)」「書き込み」「検出」モードのときに変更することができます。

それでは、各機能の解説をします。解説では、Plextor製ドライブで書き込みモードを使っているときを例にします。

ImgBurn: ドライブの特殊機能1

書き込みモードに入ったら、設定マークのアイコンをクリックします。

ImgBurn: ドライブの特殊機能2

拡張設定のダイアログが表示されます。
タブから設定を変更したいドライブのメーカーを選択します。
例ではPlextorのドライブを選択しています。

ImgBurn: ドライブの特殊機能3

「変更対象」で設定を変更するドライブの機能を選択します。
例ではAutoStrategyの設定を変更したいので「AutoStrategy」を選択しています。
ROM化の設定画面と同様に、このメニューはドライブのメーカーによって選択できる項目の種類が異なります。

ImgBurnの設定にある特殊機能一覧:

BenQ
OverSpeed
メディア規定の書き込み速度を上回る速度で書き込みを行うことができます
Slid Burn (Known Media)
ドライブにとって既知の記録メディアに対して自動的に最適な記録方式を認識する機能です。さらに、メディアに対するライトストラテジを自己学習していきます
Slid Burn (Unknown Media)
ドライブにとって未知の記録メディアに対して自動的に最適な記録方式を認識する機能です。さらに、メディアに対するライトストラテジを自己学習していきます
Test Write (For DVD+R/+RW/+R DL Media)
+規格のメディアに対してテスト書き込みを行います
WOPC
個々のメディアの状態に合わせて最適な記録速度をドライブが自動選択します
LITE-ON
Force HyperTuning
HyperTuningを強制にし、すべてのメディアに対するライトストラテジを自己学習していきます
Online HyperTuning
書き込み中にメディアの品質チェックを行いながら、ライトストラテジをリアルタイムで変化させていきます
OverSpeed
メディア規定の書き込み速度を上回る速度で書き込みを行うことができます
SmartBurn
自動的にライトストラテジとレーザパワーを調整し、メディアに適した書き込み速度を実現します
Plextor
AutoStrategy
ドライブが自動的にメディア特性を解析し、書き込み方法を学習してライトストラテジをデータベースに登録します
PoweRec
個々のメディアの状態に合わせて最適な記録速度をドライブが自動選択します

ImgBurn: ドライブの特殊機能4

「新しい設定」で変更対象で選択した設定をどうするかを選択します。
基本的にはEnableで機能を有効に、Disableで機能を無効にします。

ImgBurn: ドライブの特殊機能5

設定が完了したら「変更」ボタンを押します。

ImgBurn: ドライブの特殊機能6

Success!という表示が出れば設定の変更は成功です。

投稿日:2007/12/13 木曜日 更新日:

Copyright© 日本語化工房 , 2019 All Rights Reserved.