各種モード:構築

「構築」モードでは、以下の2点のことができます。リンクをクリックすると、各解説にジャンプします。

ImgBurn: 構築モードに入る

メニューの「モード」>「構築」を選択し、構築モードに入ります。

任意のファイルをディスクに書き込む

こちらのモードでは、ディスク上にあるファイルをそのままディスクに書き込むことができます。いわゆるマスタリング作業ができるわけです。

ImgBurn: 構築モードでディスク書き込み1

構築モードに入ったら、メニューの「出力」>「デバイス」を選択します。

ImgBurn: 構築モードでディスク書き込み2

書き込むファイルを追加して、ディスクへの書き込み速度を指定します。

  1. 書き込むファイルをリストに追加していきます。ファイルはリストにドラグ&ドロップ(D&D)でまとめて追加することができます
  2. 「デバイス」のタブを開きます
  3. 書き込み速度を指定します。デフォルト設定ではAUTO(自動)になっています

ImgBurn: 構築モードでディスク書き込み3

ラベルの指定をして書き込みを開始します。

  1. 「ラベル」のタブを開きます
  2. ボリュームラベルの指定をします。ISO9660とUDFのボリュームラベルの項目を入力します
  3. 書き込み開始のアイコンをクリックして書き込み作業を開始します

ImgBurn: 構築モードでディスク書き込み4

確認ダイアログが表示されます。問題がなればOKを押して書き込みを開始します。

ImgBurn: 構築モードでディスク書き込み5

書き込み作業が進行していきます。進行状況のゲージが100%になるまで待ちます。

ImgBurn: 構築モードでディスク書き込み6

上のようなダイアログが表示されたら、イメージファイルの取り込みは成功です。

任意のファイルで構成されたディスクイメージファイルを作成する

こちらのモードでは、任意のファイルで構成されたイメージファイルを作成することができます。DVDビデオファイルなどを、予めイメージファイルにまとめておくといった用途に便利です。

ImgBurn: 構築モードでディスクイメージ作成1

構築モードに入ったら、メニューの「出力」>「イメージファイル」を選択します。

ImgBurn: 構築モードでディスクイメージ作成2

イメージファイルを作成するための設定を行います。

  1. 書き込むファイルをリストに追加していきます。ファイルはリストにドラグ&ドロップ(D&D)でまとめて追加することができます
  2. 「ラベル」のタブを開きます
  3. ボリュームラベルの指定をします。ISO9660とUDFのボリュームラベルの項目を入力します
  4. イメージファイル作成開始のアイコンをクリックしてイメージファイルの作成作業を開始します。

ImgBurn: 構築モードでディスクイメージ作成3

確認ダイアログが表示されます。問題がなればOKを押して書き込みを開始します。

ImgBurn: 構築モードでディスクイメージ作成4

イメージファイルの作成作業が進行していきます。進行状況のゲージが100%になるまで待ちます。

ImgBurn: 構築モードでディスクイメージ作成5

上のようなダイアログが表示されたら、イメージファイルの取り込みは成功です。

> 各種モード: 読み込み | 構築 | 書き込み | ベリファイ | 検出

投稿日:2007/12/13 木曜日 更新日:

Copyright© 日本語化工房 , 2019 All Rights Reserved.