PC関連メモ

DSDネイティブ再生(foobar2000でASIO 2.1編)

更新日:

手持ちのDACがASIO 2.1のDSDネイディブ再生に対応していたので、foobar 2000における前者の設定手順を紹介します。

PCオーディオでに注目を浴びつつあるDACによるDSD対応ネイディブ再生ですが、現状で以下の代表的な再生方式があります。

  • ASIO 2.1 :ASIO 2.1サウンドドライバによりDSDビットストリームを伝送。
  • DoP:DSD over PCM。DSDのビットストリームをPCMフレームでカプセル化して伝送する。

この記事では前者の方法を紹介します。後者のDoP方式の設定方法をお探しの方はこちらをご覧ください。

(追記)検索や外部サイトからのリンクでたどり着いた方へ

この記事は古い情報になります。ASIO 2.1を用いてDSDネイティブ再生を行うDSD Native(DSD Direct)方式は、さらに新しいバージョン向けの記事でもご覧になれます。詳しくは「【2017年版】DSD再生の記事はどれを見れば良いのか?」をご覧ください。

また、個別DACに関する質問に関しては、その機種を持っていないため基本的に明確な答えを出せません。予めご了承願います。

用意するもの

すべてフリーで用意できます。

プラグインのインストール

foobar2000本体は、インストールウィザードに従いインストールします。

1. Super Audio CD Decoderプラグインのzipファイルを解凍し、ASIOProxyInstall-0.6.5.exeを実行してASIOProxyをインストールします。インストールはウィザードに従うだけになります。

2. foobar2000を起動し、メニューより「File」→「Preferences」に進みます。

3. Componentsメニューより「Install...」をクリックし、ASIOプラグインの「foo_out_asio.fb2k-component」を選択します。
Moduleに「foo_out_asio」が追加されたことを確認します。

foo_out_asioのインストール

4. 再び「Install...」をクリックし、Super Audio CD Decoderプラグインに同梱されている「foo_input_sacd.fb2k-component」を選択します。
Moduleに「foo_input_sacd」が追加されたことを確認します。

foo_input_sacdのインストール

5. 「OK」を押し、foobar2000を再起動します。

foobar2000の再起動

プラグインの設定

ASIO出力の設定と、DSD処理の設定を行います。

1. foobar2000の再起動後、メニューより「File」→「Preferences」に進みます。

2. 「Playback」→「Output」→「ASIO」に進み、「foo_dsd_asio」をダブルクリックします。

ASIOの設定1

3. 以下の項目を選択します。
・ASIO Driver :<使用するDACに対応しているもの>
・DSD Playback Method:ASIO Native

ASIOの設定2

4. 「Playback」→「Output」→「ASIO」に進み、再生デバイスに「ASIO:foo_dsd_asio」を選択します。

デバイス出力の設定

5. 「Tools」→「SACD」に進み、以下の項目を選択して「OK」をクリックします。

・ASIO Driver Mode:DSD

DSD処理方法の設定

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

katgum

日本語化工房の管理人。最近はPCアプリの日本語化コンテンツとともに、仮想通貨に関する情報発信に情熱を傾けています。 日本語化工房を通じ、ITで豊かな生活を創出するをモットーに日々頑張っているつもりです。

-PC関連メモ
-,

Copyright© 日本語化工房 , 2018 All Rights Reserved.