ICO

【ICO】CriptoHub:ブラジルNo.1になる仮想通貨取引所

更新日:

最近の仮想通貨取引所は、マルタやエストニアなどのITに強い国で設立されることが多いですが、もちろんそれ以外の国を拠点とした取引所も存在します。

それがCriptoHubと呼ばれるブラジルの取引所です。

CriptoHubとは

CriptoHubは、ブラジル市場向けの仮想通貨取引所になります。毎日の売買高が5000BTCの規模になることを目指しています。

現在のブラジルの仮想通貨取引所は、高い手数料と限られた選択肢の仮想通貨、そして難しいアクセスが問題になっています。CriptoHubでは、これらの問題を解決した取引所を開設します。

CriptoHubは、ブラジルにおいてナンバーワンの仮想通貨と金融の取引所を目指すのはもちろんのこと、多くの仮想通貨を上場し、統合的な決済やプリペイドカードなどのサービスを提供します。

CryptoHub自体はブラジル市場向けのICOを行っていますが、ICOに関する国制限はなく世界のどの国からもICOに参加することができます。

なぜブラジルなのか

日本人から見ると、ブラジルは地球の裏側でよくわからず、新興国なので各種制度が未成熟で何となく信頼できないというイメージがあるかもしれません。

しかし、ブラジルはマーケットが大きく潜在的な力を秘めています。ここでブラジルに関するマーケットの数字を見てみましょう。

<ブラジルのマーケット>

  • ブラジルの人口:2億人
  • 1日の仮想通貨取引高:約36億円 ※6/19のレートを基に算出
  • 仮想通貨保有人口:150万人 (人口の0.75%)

比較対象として日本のマーケットの数字も掲載します。

<日本のマーケット>

  • 日本の人口:1億2649万人
  • 1日の仮想通貨取引高:約1,984億円 *1
  • 仮想通貨保有人口:350万人 (人口の2.77%) *1

*1 金融庁の仮想通貨交換業に関する研究会(第1回)のデータより類推

日本の数字単体を見ても十分伸びしろがありますが、それ以上にブラジルは日本よりも人口が多く、かつ仮想通貨の保有人口も圧倒的に少ないです。これだけのデータを見ても、ブラジルのマーケットの成長性について自ずと感じるのではないでしょうか。


CriptoHubの特長

CriptoHubは、これまでのブラジル国内における取引所と比べると先進的な特徴を備えています。

最大の流動性を確保できる

世界中の取引所と連携してオーダーブックを統合することによって、注文を高速実行したり、高い流動性への注文にアクセスでき、スプレッドを最小化できます。

コールドウォレットのセキュリティ

CriptoHubでは、仮想通貨を自動でマルチシグのコールドストレージに自動転送するようになっています。

万が一仮想通貨が流出したとしても、全額が流出することはありません。

高稼働率

CriptoHubでは、稼働率99.9%を保証します。

DNS冗長化、ジオIPルーティング、分散型サーバアーキテクチャを導入します。

世界中にサーバを配置し、アクセス元に応じて適切な場所のサーバにアクセスできるようにします。また、一部の拠点がダウンしたとしても、冗長化技術によって別の拠点に自動的にアクセスが切り替わり、全体で見ると高い稼働率を保ちます。

KYC/AMLを自動化

CriptoHubでは、KYC(本人確認証明)やAML(アンチマネーロンダリング)といった処理を自動で実行するシステムを採用します。

また、詐欺や偽造、犯罪記録を分析する専門部署を設け、すべてのユーザがこの対象になります。

セキュリティが優れている

CriptoHubでは、DDoS攻撃からの保護、完全なデータ暗号化を行います。また、定期的にセキュリティ評価を行うことにより、セキュリティの高さを保ちます。

また、最新のソフトウェアを使用することにより、ソフトウェアに含む脆弱性への対処も行います。

特定操作のロックができる

ユーザは、スマートフォンやメールの追加スキャントークンを設定することにより、取引や送金といった特定の操作をロックすることができます。


既存のブラジル国内取引所との比較

CriptoHubでは、既存のブラジルの国内取引所との比較表を用意し、その優位性を謳っています。

CriptoHub Negocie Coins FoxBit Mercado Bitcoin
仮想通貨の売買
レアル建ての送金手数料 0.7% 0.9% 1.39% 1.99%
入金手数料 0% 0% 0% 0%
取引手数料 (指値注文) 0.3% 0.3% 0.25% 0.3%
取引手数料 (成行注文) 0.4% 0.4% 0.50% 0.7%
取引API
仮想通貨の種類 20 6 1 3
クレジットカード × × ×
Eコマースプラグイン × × ×
アフィリエイト × × ×
ブラジルにおける下限レート × × ×
自身のトークン × × ×
手数料割引 (CHBR) × × ×

取引所トークンのCRIPTOHUB COIN

CriptHubでも取引所トークンのCRIPTOHUB COIN (シンボル:CHBR)を発行します。

CHBRを保有することにによる特典は、以下の通りです。

  • 取引手数料の割引:CHBRトークンの保有数に応じて最大90%の手数料割引
  • 高速性:アカウントの早期承認、入金と出金の早期反映
  • CHBRの取引:7月25日のCriptoHubの稼働と同時に取引可になる

ロードマップ

CriptoHubでは、以下のロードマップに沿ってプロジェクトを展開します。

  • 2018年4月:ICO開始(プリセール、メインセール )
  • 2018年7月:取引所開始
  • 2018年9月:ブロックチェーンソリューション提供
  • 2018年10月:機関投資家向けのサービス提供
  • 2019年4月:プリペイドクレジットカード提供
  • 2019年8月:新しいブロックチェーンサービス提供

ICOに参加するには

CriptoHubのICOに参加するには、CriptoHubのページからユーザ登録をすることが必須になります。

ICOの条件は、以下の通りです。購入する時期が早ければ早いほど高いボーナスが付与されます。

  • セール期間:2018年4月10日 - 7月20日 (プリセール、メインセール含む)
  • トークン名:CRIPTOHUB COIN
  • シンボル:CHBR
  • プラットフォーム:Ethereum
  • 発行数:100,000,000 CHBR (うち、55,000,000 CHBR が売り出し対象)
  • トークン規格:ERC20
  • トークン価格:1 CHBR = 0.0005 ETH
  • 購入可能な通貨:BTC, ETH, XRP, BCH, DASH, LTC, その他
  • 最低購入可能数:設定なし
  • ソフトキャップ:設定なし
  • ハードキャップ:10,000,000 USD
  • 売れ残りトークンの扱い:バーン

CriptoHubに関する情報

さらに良い情報をキャッチするために

当ブログでは、情報発信用にLINE@を用意しております。

グレーなネタや、ICOのプライベートセールの購入枠を含めた情報など、とにかくブログで公表できない情報をご紹介します。

友だち追加

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

katgum

日本語化工房の管理人。最近はPCアプリの日本語化コンテンツとともに、仮想通貨に関する情報発信に情熱を傾けています。 日本語化工房を通じ、ITで豊かな生活を創出するをモットーに日々頑張っているつもりです。

-ICO
-,

Copyright© 日本語化工房 , 2018 All Rights Reserved.