コラム

バンクエラのBankerトークン(BNK)をMyEtherWalletで扱えるようにする

更新日:

ブロックチェーン時代のための銀行「バンクエラ (Bankera)」のトークンが、日本時間の2018年6月5日午前2時にHitBTCに上場します。

それを踏まえ、SpectroCoinからBankerトークン(シンボル:BNK)を自由に送金できるようになりました。

SpectroCoinを信用していない人からみたら、BNKはできるだけ信頼性の高いウォレットに移しておきたいものです。

今回は、人気の高いウォレットであるMyEtherWalletでBNKを扱えるようにするための手順をご紹介します。

Bankerトークン(BNK)の規格

本題に入る前に、Bankerトークン(BNK)の規格について確認しましょう。

Bankerトークンは、ERC223とNEMモザイクに対応したトークンになります。2018年6月14日時点で、ERC223には対応しており、後日NEMモザイクにも対応します。

ERC223とはEthereumプラットフォーム上で扱うことができるトークン規格になり、上位規格であるERC20に対応したEthereumウォレットであればERC223のトークンを扱うことができます。

代表的なものでは、以下のウォレットがERC20に対応しています。

BNKでは、これらのウォレットに対応しています。

MyEtherWalletでBNKを扱えるようにする

今回は、Ethereumウォレットの代表格であるMyEtherWalletを使った方法をご紹介します。

MyEtherWalletでうまくいかない場合は、派生製品であるMyCryptoでも同様のことができます。

MyEtherWallet(以下、MEWと表記します)のページにアクセスし「Ether/トークンの送出」をクリックします。

BNKを扱うためのMEWの設定1

自分が開きたいウォレットを選択します。これはいつも使っているウォレットを選択すればOKです。

BNKを扱うためのMEWの設定2

画面右下の「カスタムトークンを追加」をクリックします。

BNKを扱うためのMEWの設定3

3つの項目に以下の値を入れ「保存する」をクリックします。トークン契約アドレスの詳細を見たい方は、リンクをクリックするとご覧になれます(Etherscanに飛びます)。

BNKを扱うためのMEWの設定4

同じ画面の送出数量の部分で、送出するトークンの種類で「BNK」が選択できるようになっていればOKです。

BNKを扱うためのMEWの設定5簡単ですよね?是非お試しください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

katgum

日本語化工房の管理人。最近はPCアプリの日本語化コンテンツとともに、仮想通貨に関する情報発信に情熱を傾けています。 日本語化工房を通じ、ITで豊かな生活を創出するをモットーに日々頑張っているつもりです。

-コラム
-, ,

Copyright© 日本語化工房 , 2018 All Rights Reserved.