仮想通貨

【ICO】Photon:世界中の取引所ウォレットから直接取引ができる分散型取引所

投稿日:

Photon

取引所のプロジェクトは数ありますが、またなかなか攻めた内容のICOが開始されます。それがPhotonになります。

Photonとは

Photonとは、世界発のパーミット型分散型取引所になります。

世界の取引所では「高度のセキュリティ」「安い手数料」 「豊富な取引量」「高いユーザビリティ」を実現できているところはありません。

bitFlyerのような中央集権型取引所では、取引量が多く手数料が安い分、その特性上セキュリティはどうしても低くなります。

その反面、ForkDeltaのような分散型取引所では、セキュリティが高い代わりに、手数料が高くて取引量が少なく、ユーザビリティも決して良いとは言えません。

中央集権型取引所と分散型取引所は、現状はメリットとデメリットが表裏の関係にあります。対して、Photonではこれらの良いとこどりをしたパーミット型分散型取引所を実現します。

パーミット型分散型取引所というユニークさ

ここで聞きなれない単語としてパーミット型分散型取引所という言葉があがりました。

パーミット(英単語でpermit)は、許可をするという意味になります。果たして何を許可するのでしょうか。

使うウォレットがユニーク

分散型取引所は、一般的に取引所自身で利用者のウォレットを管理しません。

そのため、Photonの取引では中央集権型取引所にある自分のウォレット、オンラインサービスのウォレット、そしてMyEtherWalletやMetaMaskのような個人向けのウォレットを利用することになります。

中央集権取引所やオンラインサービスのウォレットでは、セキュリティがサービス提供者の管理体制に依存してしまいます。そのため、Photonが許可(パーミット)したサービス提供者のウォレットのみを使うことができるようにします。ちなみに、これらのウォレットとPhotonとの接続はAPIや業務提携により実現する予定になります。

これにより、いちいち別のウォレットから送金しなくても、Photon上で直接取引を行うことができるようになります。

既存のウォレットをそのままPhotonで利用することで、Photonでは分散型取引所でありながらも多くの取引高が期待することができます。取引高が増えることによって、すぐに売る・すぐに買うということができ、不利なレートで取引するリスクを極力抑えることができます。

上記より、Photonの取引所側のセキュリティ面は確保されます。しかし、ウォレット側のセキュリティはウォレットの管理体制に依存してしまう点には注意が必要です。

安い手数料を実現

現在主流となっているEthereumがベースになっている分散型取引所では、ブロックチェーン上に取引処理を書き込むため、手数料が驚くほど高額になってしまう場合があります。

Photonでは、取引処理はプライベート(つまり、ブロックチェーンの外)で処理を行う為、既存の分散型取引所ほどの手数料が不要になります。

パスワードを紛失しても大丈夫なウォレットを用意

分散型取引所で最も怖いのが、パスワードの紛失になります。パスワードを紛失すると、パスワードの復旧が不可能だからです。

つまり、パスワードを紛失することによって、分散型取引所で使っていた自身のウォレットへのアクセスが永久に失われるため、一瞬で資金を失うことにつながるのです。

Photonでは自身の取引所とシームレスに繋がる公式ウォレットの提供も行う予定です。公式ウォレットを利用することで、万が一のパスワード紛失時でもウォレットへのアクセスを復旧することができるようになります。

また、公式ウォレットでは、利用者が自分自身で仮想通貨をコールドウォレットに移動させることができます。

コールドウォレットは、インターネット上から隔離されたウォレットのことで、ウォレットの秘密鍵がインターネット上に晒されていないため、秘密鍵の不正取得による仮想通貨の盗難リスクを防ぐことにつながります。

従来の取引所との比較

上記3項目を踏まえた従来の取引所(中央集権型、分散型)とパーミット分散型取引所(Photon)のメリット・デメリットの比較は以下の通りとなります。

Photonと従来の取引所との比較

これはPhoton側の資料になりますが、ウォレット部分のセキュリティはウォレット管理側に依存してしまうため、全体で見ると従来の分散型取引所よりは少しだけ落ちるというのが、筆者の感覚になります。それでも、中央集権型取引所と比較した場合はセキュアになることでしょう。

特に中央集権型取引所とAPI連携した場合には、APIの脆弱性悪用によるリスクも出てくるため、本当に利用する取引所のみウォレットのパーミットを行うなど、利用者側にもある程度のセキュリティ意識が求められます。

ロードマップ

2018年5月13日時点で、Photonのロードマップは2019年まで公開されています。

  • 2018年Q2:プレICO開始、開発開始
  • 2018年Q3:台湾の取引所DBCへ上場、アルファ版取引所完成&デモアプリリリース(売買不可)、ICO実施
  • 2018年Q4:ベータ版取引所完成&本番アプリリリース(売買可)、SCO実施
  • 2019年1-2Q:接続取引所拡張、対応通貨数追加、対応言語数追加、二段階認証ログイン実装
  • 2019年3-4Q:接続取引所拡張、対応通貨数追加、対応言語数追加、マルチシグログイン実装

Photonの「PHOTON GOLD」トークン

Photonでは、取引所トークンとしてPHOTON GOLDというトークンを発行します。

PHOTON GOLDは、既に台湾の仮想通貨取引所Dragon Ball coinへの上場が決まっています。上場は2018年の3Qになります。

トークンスペック・特徴

PHOTON GOLDは、取引所Photonのユーティリティトークンになります。PHOTON GOLD建ての取引が可能になります。

PHOTON GOLDのスペック:

  • 名前:PHOTON GOLD
  • シンボル:PTG
  • 規格:ERC20
  • 発行総量:25,000,000,000 PTG (うち、17,500,000,000 PTG が売り出し対象)

PHOTON GOLDを保有することによる得られる特典については、現在公表されていません。現状は、期待権型のトークンとしてのICO扱いになります。これは、取引所トークンによくある配当を謳ったりすることで法律に抵触する可能性があるためで、今のところは敢えて何も特典を明示しない形をとっているそうです。

ICOの法的位置づけについて興味がある方は、他サイトの「Initial Coin Offering(ICO)の法的位置付け」(BUSINESS LAWYERS)をご覧ください。

ICOスケジュール

PHOTON GOLDは3回に分け売り出され、スケジュールは以下の通りとなります。

もちろんICOへの参加はすべてにおいて自己責任となります。Photonのサイトとホワイトペーパーを熟読し、最終的に投資するかの判断を行ってください。

ICOに参加するにはERC20に対応したEthereumウォレットが必要になります。取引所のウォレットはNGです。

詳細は、過去の記事「ICOに参加する際に必要なEthereumウォレットのMUST条件」をご覧ください。

プレICO (2018/05)

プレICOでは、取引所許可手続き、プロトタイプ版アプリを作成するための資金調達となります。

  • 発行数:2,500,000,000 PTG
  • 発行額:1 PTG = 0.8円

ICO (2018/08)

ICOでは、本番アプリを作成し、ベータ版リリースするための資金調達となります。

  • 発行数:7,500,000,000 PTG
  • 発行額:市場価格から5%オフ

SCO (2018/11)

ICOでは、接続先取引所の拡充や、通貨数・対応言語数を増やすための資金調達となります。

  • 発行数:7,500,000,000 PTG
  • 発行額:市場価格から5%オフ

なぜ台湾の取引所に上場するのか

一般的にはICO直後のトークンは英語圏のグローバルな取引所に上場する場合が多くありますが、今回は台湾の取引所にDragon Ball coin(DBC)なります。

なぜ台湾の取引所になるか聞いたところ、アドバイザーのつながりでICOのマーケティングをDBCにお願いしている関係から、DBCに上場が確定しているということだそうです。

私の所感

実は、この記事を作成するにあたり、プロジェクト代表の土井氏と何往復か質疑応答のやり取りをさせていただきました。土井氏の返答は大変早く、しかも適確な内容をいただくことができました。ちなみに、土井氏の実績はこちらになります。

Photonのホワイトペーパーや公式ページに書かれていない内容は、すべてこのやりとりの内容を反映させたものになります。

私個人の所感ですが、やり取りの過程からは具体的な検討がなされ、きちんとプロジェクトが進行していることを伺い知ることができました。

もちろん、きちんとしているプロジェクトとはいえ、必ずしもそのプロジェクトのICOが成功するとは限りません。改めてICOに参加する際は、くれぐれも自己責任でよろしくお願い致します。

Photonに関する情報

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

katgum

日本語化工房の管理人。最近はPCアプリの日本語化コンテンツとともに、仮想通貨に関する情報発信に情熱を傾けています。 日本語化工房を通じ、ITで豊かな生活を創出するをモットーに日々頑張っているつもりです。

-仮想通貨

Copyright© 日本語化工房 , 2018 All Rights Reserved.