コラム

【特別企画】仮想通貨に興味を持っている方へ、今から始めるのは全然遅くありません

投稿日:

仮想通貨は英語でcryptocurrencyと書き、正しい日本語訳は暗号通貨になります。日本で仮想通貨と呼ばれることが多いので、当ブログでは仮想通貨と表記します。

2017年末から1月上旬にかけて仮想通貨の相場は大きく盛り上がりました。そして、1月中旬から大きく下落し4月上旬に目先の底値をつけました。

一部では「仮想通貨はバブルだった」という意見が出ていますが、私はまだ本当のバブルはまだ来ていないと思っています。

私が主張したいのは仮想通貨が普及する未来は確実に来るので、今から仮想通貨を買うことは全く遅くないということです。本当のバブルはその時に来ると思っています。これは私が色々な情報に触れている中で、確信的に思っていることになります。それを客観的なデータからお見せします。

今回の文章は、大ボリュームになります。いつもより長めですがお付き合いくださいませ。

まずは、仮想通貨の基礎技術「ブロックチェーン」を知ろう

仮想通貨がなぜすごいかを知るためには、ブロックチェーンという技術がどのようなものかを知る必要があります。

仮想通貨にはブロックチェーンという技術が使われる

仮想通貨は、表面的に見ると電子的な通貨であり、電子マネーと変わらないように見えます。しかし、電子マネーはあくまでも既存の通貨を電子的に表現するための器にしかすぎません。

対して、仮想通貨はそれ自体が価値を持ちます。それを実現できるのがブロックチェーンと呼ばれる技術になります。ブロックチェーンの何が凄いかというと、相手が信用できなくても価値移転ができ、しかもそのデータベースを改ざんすることが極めて困難なのです。

銀行を例に見てみましょう。

銀行に人々がお金を預ける理由は、銀行が信頼できるからに他なりません。

だからこそ、お金を振り込む(=価値を移転する)時は銀行を通して、送金手続きを行います。しかも、銀行にお金を預けていると、横領されることもなく、自分の口座残高を改ざんされることはありません。

銀行という中央集権的な信頼できる機関があるからこそ、振り込みと言う形で別の人に価値を移転をすることができるのです。これが従来の価値移転の形です。

それに対して、ブロックチェーンの世界では相手を信頼していなくても価値移転ができるのです。

ブロックチェーンにはデータベースを同一に保つ仕組みがある

それでは、ブロックチェーンについて詳しく見ていきましょう。

ブロックチェーンとはインターネット上に分散されたデータベースになります。分散台帳と呼ばれることもあります。

このデータベースは物理的に分散管理されているものの、内容は同一のものになっています。

仮想通貨の場合では、価値移転が生じるとデータベース上にあるウォレットの残高が更新されていきます。

インターネット上なので、悪意がある人もデータベースにアクセスできてしまいます。そういう人がいても、データベースが改ざんされないような仕組みがブロックチェーンにはあります。

仮に悪意がある人がいたとして、あるウォレットの残高を書き換えたいとします。

そうなると、自分の管理下にあるデータベースの残高の他に、インターネット上に分散している他の全データベースに記録されているウォレットの残高も書き換える必要が出てきます。ブロックチェーンでは、過半数を上回る記録が正しいものとして扱われるからです。

このデータベースを書き換える作業があまりにも大変で、現実的にはほぼ不可能なものになります。書き換えのコストが割に合わないからです。

そのため、インターネット上に分散しているコンピューターが信頼できる・できない関係なしに、ネットワークの参加者は全体のルールに従わざるを得なくなります。

さらにブロックチェーンの世界では、全体のルールに従った参加者には報酬が与えられるようになっています。

例えば、ビットコインでは正常な取引の確認処理を行ったコンピューターに対して、報酬としてビットコインが与えられる仕組みになっています。

そのため、ブロックチェーンの世界においては、全体のルールに従うことが合理的な行為であり、ルールから外れてズルをすることは明らかに損な行為となります。

そのような特性から、全体のルールに従う者が大多数になり、結果的にデータベースが同一のものとして保たれることになります。

以上より、ブロックチェーンでは相手が信用できなくても価値移転ができ、しかもそのデータベースを改ざんすることが極めて困難になるのです。

ブロックチェーンは、裏切者が出ることを前提に、人間の行動特性を考慮に入れて緻密に設計された仕組みなのです。

結局ブロックチェーンの何が凄いの?で、仮想通貨って?

ここまでは主にブロックチェーンの特性について見てきました。内容を整理すると、ブロックチェーンとは

  • インターネット上に分散されたデータベースである。
  • 相手が信頼できる・できないに関わらず、データベースが同一に保たれる。

ということになります。

インターネットには誰でも参加することができ、参加のためのコストは激安です。そのインターネット上の参加者にブロックチェーンを使ってデータベースを管理してもらうというのは、データベースの管理コストを激安にできるということになります。しかもデータベースが改ざんされることはまずありません。

従来は、サービスの提供者が取引の確実性を担保する必要がありました。サービス提供者が利用者の仲介をし、仲介の手数料をもらう仕組みがほとんどでした。

しかしブロックチェーンでは、利用者同士の取引履歴を直接ブロックチェーンに書き込んでしまえば、取引の確実性は担保できてしまいます。そのため、究極的にはサービスを提供している仲介者は要らないということになります。

一番分かりやすいのが銀行になります。送金であれば利用者同士で直接取引をし、その結果をブロックチェーンに書き込めば、「いつ誰と誰が取引をし、誰がいくら持っているか」という情報が確実に残ります。そうなると、信頼性を担保する銀行は不要になってしまいます。これは送金の例ですが、最近はローン(借金)もブロックチェーンで実現する試みが行われています。そのため、銀行は自分たちが駆逐される側にならないように、自分たちもブロックチェーンを利用してコストを大幅に抑えたサービスを実現すべく試行錯誤している状況です。

上記のように、ブロックチェーンを使うことによって、従来からの産業における仲介者を排除することができます。

つまり、ブロックチェーンは、既存の産業構造を駆逐するほどのポテンシャルを持っている技術なのです。そして、仮想通貨はブロックチェーンの技術を使って価値移転をすることに特化している仕組みのことを指すのです。


仮想通貨は投機でしか利用されていないのでは?

「ブロックチェーンや仮想通貨が革新的なことは判った!でも、仮想通貨のほとんどが投機で使われていて、実際には決済で使われていないし、意味がないじゃないか。」そう思った方は少なくないと思います。

私は、投機で利用されることについては全く問題ないと考えている立場になります。

まずは「投機」という言葉の意味をはっきりさせよう

世間における投機という言葉の使われ方をみると、多くの人は「投機=ギャンブル=よくないこと」と思っているように見えます。

それと同時に、投機という言葉の意味を分からずに使っているようにも見えます。

まずは、言葉の意味を確認してみましょう。これは私が株のトレードの勉強をしていたころに習った言葉の定義になります。

  • 投機:将来の価格予想に基づき、機会(タイミング)に対して資金を投じること。
  • 投資:将来の価値予想に基づき、価値(バリュー)に対して資金を投じること。

つまり「今上がりそうだから買おう」というのは投機、「本来の価値より割安だから今買おう」というのは投資になります。

こうしてみると、非常に似通っていることにお気づきかと思います。

投資というのはタイミング要素も含まれています。つまり、投資というのは投機の一種であり、投機は投資より広義な意味とも言えます。

実際この言葉の定義に当てはめると、投機というのは世の中のビジネス活動の基本行動になります。

例えば主に小売りで行われる「安く仕入れて高く売る」というのは、商品使った投機になります。

投機を否定することは、世の中のビジネス活動を否定することと同じです。

仮想通貨が投機目的で利用されることは問題ないのか?

これは私の肌感覚ですが、現状は99%が投機なのは間違いないでしょう。

まだ仮想通貨を実施の決済手段として使われているのはほんの一部になります。代表的な例だと、ビックカメラのビットコイン決済があります。

しかし、実際の円やドルのような既存の通貨でも、実際は世界の為替取引の9割が投機で締められていると言われています。為替の例でみるように、投機目的の参加者が大多数だとしても最終的には適正な価格に落ち着いていきます。

そのようなことから、仮想通貨が投機目的で取引されているのは最終的に適正な価値に落ち着いていくために絶対必要なプロセスであり、特に問題ないと言えます。


仮想通貨はこれから普及するといえる理由

現状ではほぼ投機で使われている仮想通貨ですが、私はこれから本格的に実需が伸びてくる考えています。つまりは普及期に入るということです。

私は仮想通貨がこれから普及すると確信的に思っている理由を、世の中の動きから追っていきます。

理由その1:仮想通貨が実用化されはじめ、経済界は普及前提で動いている

仮想通貨は、既に実用化されつつあります。そして、経済界はそれが当たり前になる前提で動いています。ごくごく一部ですが、最近報じられたニュースをピックアップします。

既に実用化が始まっている

一部の仮想通貨は既に実用化されつつあります。

今回取り上げるのは、仮想通貨自体というより、その技術を使って実用化したサービス例になりますが、サンタンデールが仮想通貨リップルの技術を使い国際送金をできるようにしました。

これにより、従来だと3日から1週間程度かかっていた国際送金が、当日中もしくは翌日までに完了できるようになりました。

サンタンデールはみずほ銀行より規模が大きい銀行であり、サンタンデールが仮想通貨の技術を採用した意義は非常に大きいものになります。

経済界は仮想通貨をポジティブに捉えている

経済界は仮想通貨をポジティブに捉え、普及する前提で動いています。代表的なニュースをご紹介します。

ソロス氏のファンドが仮想通貨参入か 主要仮想通貨が軒並み上昇 (ITmedia)

ジョージ・ソロスは、世界でも最も有名な投資家の1人です。ソロスが仮想通貨に参入することを表明したということは、仮想通貨の需要がこれから上がっていくことを前提としていると判断できます。

マネックスがコインチェック買収発表 仮想通貨事業に本格参入 (Sankei Biz)

大手のネット証券グループのマネックスが、仮想通貨取引所のコインチェックを買収しました。買収は事業の将来性があるから行われるものであり、これも仮想通貨の将来性を示す経済ニュースとなりました。

買収ニュースが発表されてからは、マネックスの株価は2倍程度になっており、市場参加者からも好感されていることが伺えます。

理由その2:一方で、仮想通貨はまだほとんど普及していない

経済界では仮想通貨が普及していく前提で動いている一方で、世間では殆ど普及していません。その分伸びしろがあると言えます。

普及していない状況を裏付ける調査結果を見ていきます。

【日本】マイボイスの調査

【 仮想通貨 】に関するアンケート調査 より(調査期間:2018年3月1日 - 5日)

仮想通貨の認知率は8割強。直近1年間の保有者は約2%、男性10・20代では1割弱。保有していないが興味ありは1割強

マイボイスとは、インターネットでアンケートをとる会社になります。

インターネットをしている人口は若年層が多いにも関わらず、2%しか仮想通貨を保有していません。実際の全人口における普及率はもっと低いものになることでしょう。

【日本】カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の調査

『仮想通貨に関するアンケート調査』 仮想通貨購入者は3%、4人に1人は今後購入したい より(調査期間:2018年1月26日 - 31日)

  • 仮想通貨に興味・関心がある人は3割
    20代の男性の5割弱が仮想通貨に興味・関心あり
  • 仮想通貨を理解している人は5割、4人に1人は今後勉強をしていきたい
    勉強手段の1位「インターネットで調べる」 2位「詳しい友人・知人に聞く」 3位「本を買う」
  • 仮想通貨を買った購入したことがある人は3%、4人に1人が購入したい
    購入している仮想通貨は1位「ビットコイン」 2位「リップル」 3位「イーサリアム」
  • 今後、仮想通貨が一般的にならないと思う人は8割

CCCでも保有したことがある率はマイボイスと似たような結果が出ています。また、8割という大多数が仮想通貨が一般的にならないと考えています。

【米国】ファインダーの調査

Why haven't we all bought cryptocurrency yet? Our survey finds that 92.05% of us haven’t invested in cryptocurrency yet ? but why not? より

Finder recently commissioned a survey of 2,001 American adults to gain insight into what the nation thinks of cryptocurrency. Surprisingly, only 7.95% of American adults report actually purchasing a cryptocurrency.

米国のファインダー社の調査では、米国人の7.95%が仮想通貨を購入したことがあるとなっています。日本より高めの割合になります。しかし、一部のサイトでは調査のサンプルの取り方が不適切という指摘もあり、この値は大きく上下する可能性があります。

経済界の動きと調査結果から見えること

経済界の動きと調査結果から見えることは、経済界では仮想通貨は普及していくことが前提と見られている一方で、まだ一般の人たちにはほとんど普及していないという実態です。

日本国内だけでも普及率が3%しかないため、本格普及した場合の伸びしろが極めて大きいと言えます。

仮想通貨絡みのニュースがどんどん多く出てきている現状では、何もなく終わってしまうというのは考えづらいことです。


仮想通貨のバブルはもっと先にある!まだ遅くはない、先行者利益に乗っかろう!

「仮想通貨は今後の普及していく可能性が高そう」となると、供給に対して需要が上がっていくという考え方ができます。つまりは仮想通貨の値上がりです。

そうわかっているのであれば、値上がりに便乗して利益を得ることができるのが、自分であってほしいとは思わないでしょうか?私は強くそう思います。

そこで気になるのは、仮想通貨のバブルはいつになるか?ということになります。世間では2018年1月上旬がバブルだったという人がいます。

しかし、私はこれから1月上旬よりもっとすごいものがやってくると考えています。

その1つの理由となるのが、イノベーター理論とよばれる製品やサービスが普及していく考え方にあります。イノベーター理論では、人口に占める2.5%の"本当の物好きな人たち"(イノベーター)に普及した後、13.5%の"早期利用者"(アーリーアダプター)まで普及すると、その製品やサービスが爆発的に普及していくとされています。

イノベーター理論

イノベーター理論

日本国内だと仮想通貨の保有者はまだ人口の3%程度になります。この理論に当てはめると、イノベーターへの普及が終わったばかりになります。

2018年1月上旬の「仮想通貨バブル」と言われた現象は、たったそれだけの人口によって引き起こされただけに過ぎないのです。まだ総参加型のマーケットになっていないのです。

例として、1月上旬のリップルの価格推移を見てみましょう。12月上旬は30円前後で価格が推移していたリップルは、1月4日にはピークの401円をつけました。その後は、90円程度で価格が推移しています。ピークの4分の1とはいえ、それでもなお12月上旬の3倍の価格で推移しています。

他にも仮想通貨はあるので、リップルを全人口の3%の人たちが持っているわけではありません。おそらく1%にも満たないでしょう。それでも、ほんの一部の人たちの資金でリップルが400円もの価格を付けたというのは、考えさせられるものがあります。

XRP/JPY 2018/04/30 09:49時点 日足チャート

もし、仮想通貨がさらに普及し実需が喚起されていった場合、仮想通貨はもっと一般の人に広がっていくはずです。そうなると、人口の3%が仮想通貨に流入させた以上の資金が入ってくることは容易に想像ができます。人口に対する普及率でみると、仮想通貨を今買うのは全く遅くありません。

既に仮想通貨は3000種類以上存在していると言われていますが、そのほとんどの発行枚数が限られ、資金は一部の銘柄に集中しています。発行枚数が限られたものに資金が集中するということは、需要と供給で値上がりしていくことになります。

仮想通貨が本格的に普及していく場合、一般の人たちがマニアックな仮想通貨に手を出すということは考えづらいため、リップルのようなメジャーな仮想通貨にさらに資金が集中していくことが考えられます。

そうなると、メジャーな仮想通貨は爆発的な価格の伸びになっていくと思われます。

是非1000円からでも勇気を出して、仮想通貨を購入してみてください。それが将来の大きな一歩となるはずです!

※代表的なメジャーな仮想通貨:ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(XEM)など


どうやって初めの一歩を踏み出させば良いのか?

始めの一歩を踏み出すのは、仮想通貨を購入してみるところから始まります。

仮想通貨を購入するのは、基本的に仮想通貨の取引所になります。取引所に口座開設をして、日本円を送金、その日本円をもとに仮想通貨を購入します。

私が実際に使用してみて、これは良いと思ったものをランキング化しました。これはポジショントークではなく、すべて私の実体験によるものです。

▼筆者が実際に使用してみて実際におすすめできる取引所はこちら!(複数取引所に登録して運用を有利に進めましょう!)

【1位】bitbank 高いスプレットを払わずに済む板取引対応。実質国内最安で取引可

【2位】bitFlyer 国内最大手。セキュリティが非常に高くて安心!

【3位】Zaif 国内取引所としては取り扱い銘柄最多。積み立ても可能!

【4位】coincheck XEM流出事故を起こしてしまったが、一番使いやすい。

私が実際に使ってみて感じた、それぞれの取引所の長所と短所をコメントしていきます。

bitbank(ビットバンク)の長所と短所

bitbankは、今回紹介する取引所の中では一番新しく、人気が高いリップルの売買高は世界第3位になります。

長所:

  • リップルの売買高に関しては国内ナンバーワンになります。取引高が多いということは、売りたいときに希望価格ですぐ売れる可能性が高くなり、買いたいときに希望価格ですぐ買える可能性が高いということを意味します。リップルを購入する場合は、理想的な取引所と言えます。
  • 取扱っているすべての仮想通貨で板取引ができるため、高いスプレッド(実質的な手数料)を払わずに済む場合があります。
  • システム安定性が高く、滅多にシステムトラブルが起きません。
  • セキュリティは他の取引所より高いとされています。

短所:

  • 板取引は株やFX経験がない人にとっては判りづらいです。
  • 板取引ができるため、意図した価格に到達せずに変えない・売れないリスクが存在します。

bitFlyer(ビットフライヤー)の長所と短所

bitFlyerは、メガバンクの連合が資本参加している取引所になります。運営企業の信頼性という面では、ここに敵うところはありません。

長所:

  • ビットコインの取引高に関しては国内ナンバーワンになります。取引高が多いということは、売りたいときに希望価格ですぐ売れる可能性が高くなり、買いたいときに希望価格ですぐ買える可能性が高いということを意味します。ビットコインを購入する場合は、理想的な取引所と言えます。
  • セキュリティはどの取引所よりも高いとされています。
  • メガバンクが株主であるため、倒産の可能性が最も低い取引所になります。

短所:

  • システム安定性は高い方ですが、たまにトラブルが起きます。
  • 新たな仮想通貨の銘柄追加スピードが遅い。
  • 取引できる仮想通貨の種類は、今回取り上げている取引所の中で一番少ないです。

Zaif(ザイフ)の長所と短所

Zaifは、テックビューロが運営している取引所です。取り扱い銘柄数が他の取引所より多く、新サービスのリリースに積極的です。

長所:

  • 取引できる仮想通貨の種類が多いです。
  • 他の取引所で扱っていない仮想通貨がいくつかあります。(ペペキャッシュ、ザイフトークン、コムサトークン、ゼン)
  • 仮想通貨の積み立てサービスがあるので、貯金替わりの運用をしたい人のニーズも満たします。

短所:

  • システムトラブルが、今回取り上げている取引所の中で一番多いです。割と頻繁にトラブります。

coincheck(コインチェック)の長所と短所

coincheckは、使い勝手の点で最も初心者に優しい取引所にあります。皮肉なことに、ネム流出事件で知名度を上げてしまいました。

長所:

  • 取引できる仮想通貨の種類が多いです。
  • 使い勝手の点では初心者に一番優しいです。

短所:

  • ネム流出事件の影響で、多くのサービスがまだ使えない状態になっています。
  • ビットコイン以外の板取引がないので、ビットコイン以外は不利なレートで売買せざるを得なくなります。
  • スプレッド(実質的な手数料)が異常に高く、手数料のぼったくり度は4つの取引所の中でもトップクラスです。

どんな銘柄を買えば良いのか?

前述で紹介した仮想通貨で、買うと良い銘柄を紹介します。私の私見ですが、以下の銘柄を買えば目的を満たすと思います。

  • メジャーな仮想通貨を持っておきたい:ビットコイン (どの取引所でもOK:bitbankbitFlyerZaifcoincheck)
  • 将来的にICOにも参加してみたい:イーサリアム (どの取引所でもOK:bitbankbitFlyerZaifcoincheck)
  • 価格が安い仮想通貨を買って、大幅な値上がりを期待したい:リップルを買うなら (bitbank, coincheck)、ネムを買うなら (Zaif, coincheck)

どれか1つの取引所に絞るとしたら?

迷わずにbitbankをお勧めします。セキュリティと安定性が高いからです。板取引は最初は判りづらいですが、慣れると特に困らないです。

仮想通貨のスプレッド(実質的な手数料)は、株や外国為替のFXと比べると驚くほど高い取引所が多いです。手数料も積もっていくと馬鹿にならない額になるので、bitbankの板取引に取り組んでみる価値は十分にあります。

とはいえ、取引所によって得手不得手があるので、基本的には複数利用することをお勧めします。また、コインチェック事件のようなことが起きると、サービスが長期にわたりロックされるので、リスク分散という意味でも複数利用を推奨します。

▼筆者が実際に使用してみて実際におすすめできる取引所はこちら!(複数取引所に登録して運用を有利に進めましょう!)

【1位】bitbank 高いスプレットを払わずに済む板取引対応。実質国内最安で取引可

【2位】bitFlyer 国内最大手。セキュリティが非常に高くて安心!

【3位】Zaif 国内取引所としては取り扱い銘柄最多。積み立ても可能!

【4位】coincheck XEM流出事故を起こしてしまったが、一番使いやすい。

仮想通貨やブロックチェーンに関する本を読んでみたい場合

私がいくつか読んでよかったと思えるものをピックアップします。

特に「仮想通貨リップルの衝撃」は、初期の仮想通貨の話から分かりやすく解説されており、価格もKindleであれば非常に安いため、試しに買って読んでみるには大変おすすめです。

この本については、過去に「『仮想通貨リップルの衝撃』を読んで」という読書感想文を書きました。

あなたの大事な時間を使って、この記事をお読みになり有難うございました!感謝を込めて。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

katgum

日本語化工房の管理人。最近はPCアプリの日本語化コンテンツとともに、仮想通貨に関する情報発信に情熱を傾けています。 日本語化工房を通じ、ITで豊かな生活を創出するをモットーに日々頑張っているつもりです。

-コラム

Copyright© 日本語化工房 , 2018 All Rights Reserved.