コイン別 ニュース

海外投資家から注目の Wanchain (WAN) がBinanceに上場、実はかなりすごいプロジェクト

投稿日:

Wanchain(シンボル:WAN)が、本日世界最大手の取引所Binanceに上場しました。

Wanchainは、日本だと注目している人が少ないですが、開発チームが国際カンファレンスに出席して講演を行ったりと、業界の中における存在感を上げてきています。

また、海外では著名な仮想通貨投資家が注目しており注目度が高い案件でもあります。当サイトでもWanchainについては何度か記事を書いており、その動向には注目していました。

Wanchain(WAN)の上場初日の状況

WanchainはBinanceに上場され、BTC, ETH, BNB建ての取引ができるようになっています。

2018年3月23日15時より取引が開始され、同日20時15分時点で売買代金が日本円換算で133億円以上と、相当な盛り上がりを見せる売買が展開されています。

チャートはBinanceにおけるBTC/WANの5分足チャートになります。上場開始から値を殆ど下げることなく推移しています。あくまでも上場したばかりだから積極的に売買されているだけであり、時間が経つと売買が細りダラダラ下げる可能性もあります。

WAN/BTC 5分足チャート 2018/03/23 20:20時点

WAN/BTC 5分足チャート 2018/03/23 20:20時点

円換算した場合のリアルタイムの取引価格は、以下になります。

Wanchainは何が凄いのか?

Wanchainとは、あらゆるブロックチェーンをブリッジするクロスチェーンソリューションです。Rippleが銀行間の決済をブリッジするように、WanchainはBTCやEthereumのような異なるデジタルアセットのブロックチェーンをブリッジすることができます。

そのWanchainがどれだけすごいかツイートしている方がいましたので、そのツイートをご紹介します。



ご覧のように、Crypto Famason.氏(@The_9th_Floor_)は興奮気味に書いてますが、筆者も似た感覚を抱いている中の一人です。

イメージしにくいので、仮想通貨を交換する例を見てみましょう。XRPとXEMに交換したいとします。

従来であれば、BTCやETHのような何らかの基軸通貨を通して交換する必要がありました。その場合は、売りと買いの手数料を払い、さらにスプレッド分の損をしてしまいます。Wanchainを使うと、裏でXRPとXEMのチェーンがクロスさえされていれば、余計な通貨を経由せずに一発で交換することができるようになるのです。

実際上記のような構想は、KyberNetworkという分散型取引所(DEX)で計画されており、Wanchainとパートナーシップを締結しています。


当サイトによるWanchainの過去の記事

当サイトでは、過去に以下のWanchainの記事を書いています。参考までにご覧ください。

Wanchainに関する情報


 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

katgum

日本語化工房の管理人。最近はPCアプリの日本語化コンテンツとともに、仮想通貨に関する情報発信に情熱を傾けています。 日本語化工房を通じ、ITで豊かな生活を創出するをモットーに日々頑張っているつもりです。

-コイン別, ニュース
-,

Copyright© 日本語化工房 , 2018 All Rights Reserved.