コラム

投資セクターの調査のプロが注目するハードフォーク・エアドロップ案件、米Fortuneより

投稿日:

米国の大手経済メディアFortuneにて「These Cryptocurrencies May Beat Bitcoin in the Coming Months」(日本語訳:今後数カ月にビットコインを打ち負かすかもしれない仮想通貨)という記事が出ています。

無料で仮想通貨を得られる手段を利用する

本記事では、個別のアルトコインではなくハードフォーク・エアドロップされた仮想通貨に注目しています。

記事内ではBitcoin(BTC)とBitcoin Cash(BCH)を例にとり、分割すると数学的には半分なのに、BTCとBCHの場合は1+アルファになったことを説明しています。このような背景から、投資家はハードフォークや無料配布のエアドロップ案件を追いかけていると述べています。

投資セクターの調査会社であるFundstrat社のリー氏は、そのような動きについて「今後うまく行くであろう仮想通貨で十分だ」と主張しています。

リー氏が注目しているハードフォーク・エアドロップ案件案件

それでは、リー氏はどのようなハードフォーク・エアドロップ案件に注目しているのでしょうか。リー氏が注目している案件をご紹介します。

方式 対象 分裂通貨 配布比率 配布時期(見込み)
フォーク Zclassic (ZCL), Bitcoin (BTC) Bitcoin Private (BTCP) 1:1 2月28日
フォーク Monero (XMR) MoneroV (XMV) 1:10 3月14日
エアドロップ Ethereum Classic (ETC) Callisto (CLO) 1:1 3月5日
エアドロップ Neo (NEO) Ontology (ONT) 1:0.2 3月1日
エアドロップ EOS (EOS) Everipedia (IQ)

関連情報


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

katgum

日本語化工房の管理人。最近はPCアプリの日本語化コンテンツとともに、仮想通貨に関する情報発信に情熱を傾けています。 日本語化工房を通じ、ITで豊かな生活を創出するをモットーに日々頑張っているつもりです。

-コラム

Copyright© 日本語化工房 , 2018 All Rights Reserved.