コラム

MyEtherWalletがMyEtherWalletとMycryptoに分裂、利用者はどうすれば良いのか?

更新日:

CryptoCurrencyMagazineさんで「MyetherwalletはMycryptoというブランドに分裂」という記事が取り上げられていました。

個人的にこれからどうなっていくのか気になったので、深堀りしてみました。

そもそも分裂とはどういうことか?

EthereumのWebウォレットであるMyEtherWalletは、Taylor氏とKosala氏により作られました。

理由は非公開ですが、二人の方向性の不一致により2つのサービスに分裂しました。

どうしてこうなったのか?そして今までMyEtherWalletを使っている私たち利用者はどうすればいいのか?MyCryptoに掲載されているFAQから読み解いていきます。

MyCryptoのFAQ エッセンシャル

以下は、MyCryptoに掲載されているFAQより、重要な部分を抜き出したものになります。完全な内容はリンク先をご覧ください。

MyCryptoチームは誰で構成されているのか?

現在のMyCryptoチームは20名以上で構成されており、製品開発や管理、ブロックチェーン専門家、教育及びサポートチームで構成されています。

分裂はなぜ起こったのか?なぜTaylor氏がMyCryptoの立ち上げを決意したのか?

約3年前にTaylorとKosalaで立ち上げたMyEtherWalletは、当時は素晴らしいパートナーシップを築いていました。最終的には、双方の合意によってこのパートナーシップが終わることになりました。

合意の条件を明らかにすることはできませんが、TaylorとKosalaともその後の移行については意識していました。

Taylorは、新たな追及をしていく上でMyCryptoを開始しました。

TwitterアカウントのMyEtherWalletの表示名に何が起こったのか?

筆者注:TwitterのMyEtherWalletアカウントの表示名はMyCryptoに変わりました。

MyCryptoで働くチームは、今までMyEtherWalletのTwitterアカウントを管理していたチームになります。つまり、今までのMyEtherWalletのツイート内容は、現在MyCryptoにいるチームの考えなのです。

MyCryptoはMyEtherWalletのプロモーション活動の成果を盗むつもりはありません。そのため、移行後は2つのアカウントをフォローすることを推奨します。

2つのアカウント:MyCrypto MyEtherWallet

MyCryptoは私の資金を守るために何をしているのか?

MyCryptoが最優先する事項は、すべての人の資金のセキュリティを確実にすることです。

MyCryptoはブロックチェーンに格納されている暗号資産へのインターフェイスに過ぎないため、MyCryptoの開発の過程では、秘密キーが格納されることはありません。(筆者注:つまり取引所のように資金を預かる立場ではないということです)

私たちは、資金の管理者ではありませんが、信頼される重要なソフトウェアおよびインフラストラクチャの開発および保全の責任を自覚しています。

MyEtherWalletはこれからも存在していきますか?

MyCryptoとそのスタッフは、もはやMyEtherWalletの関係者ではありません。したがって、MyEtherWalletの将来ついてコメントすることができません。

MyEtherWalletに代わり、MyCryptoを利用するべきですか?

これは個人の選択の自由でより、私たちはMyCryptoに切り替えることを強制しません。ですが、私たちはMyCryptoを利用していくことを推奨します。

注意していただきたいのは、資金をMyCrypto、MyEtherWallet間で移動させる必要がないことです。どちらも単にブロックチェーンとやり取りするためのインターフェイスだからです。

結局のところ利用者はどうすれば良いのか?

私たち利用者は、単に MyEtherWalletMyCrypto の好きな方を利用すれば良いだけになります。

FAQエッセンシャルにも書いていますが、MyEtherWallet上もしくはMyCrypto上で資金が管理されているわけではないため、今までMyEtherWalletを使っていてMyCryptoに乗り換えたいとしても、特に何かをする必要というのはありません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

katgum

日本語化工房の管理人。最近はPCアプリの日本語化コンテンツとともに、仮想通貨に関する情報発信に情熱を傾けています。 日本語化工房を通じ、ITで豊かな生活を創出するをモットーに日々頑張っているつもりです。

-コラム
-,

Copyright© 日本語化工房 , 2018 All Rights Reserved.