ニュース

【続報3】NEM(XEM) 579億円の不正引き出し事件、犯人が資金洗浄成功か

投稿日:

コインチェックのNEM(XEM)579億円の不正引き出し事件について、

NEM財団は犯人のウォレットに対し、「mizuhashi.coincheck_stolen_funds_do_not_accept_trades.owner_of_this_account_is_hacker」というマーキングを行いました。「マーキングされたウォレットと取引をすると、犯人の資金洗浄に協力することにつながるため、自分が事件の犯人と疑われてしまう。」いう意図があるとされています。

このマーキングにより、各取引所ではこのようなウォレットとの取引を凍結し、犯人は実質的に換金不能になってしまうはずでした。

しかし、犯人がNEMの資金洗浄をするためにダークウェブ上に取引所を開設したり、海外の取引所経由で別の仮想通貨に換金したりと資金洗浄が進んでいる実態が浮き彫りになってきました。

Twitterで単眼愛(モノアイ)(@mono_i_love)氏がその実態について分かりやすく解説しているのでご紹介します。

犯人は海外の取引所でNEMを換金しようとしている


ダークウェブ上の取引所開設、犯人は日本人か


Yobitが資金洗浄の本拠地になっているらしい


日本のZaifでNEMのアービトラージする人現れる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

katgum

日本語化工房の管理人。最近はPCアプリの日本語化コンテンツとともに、仮想通貨に関する情報発信に情熱を傾けています。 日本語化工房を通じ、ITで豊かな生活を創出するをモットーに日々頑張っているつもりです。

-ニュース

Copyright© 日本語化工房 , 2018 All Rights Reserved.