コイン別

話題のトークンSwissborg(CHSB)、購入できる取引所をチェック

更新日:

直近のICO案件として注目されたSwissborg(CHSB)ですが、2018年2月1日にいよいよ海外取引所で上場されます。

コインチェックのNEM流出事件や、TetherのUSDT虚構価値疑惑で仮想通貨界が冷えてきた分、新興勢力に対して注目が集まっています。

Swissborgとは

Swissborgは、スイスのプライベートバンクが実施しているプロジェクトで、仮想通貨の技術を用いて資産のポートフォリオ管理や金融サービスのプラットフォームを目指しています。

Swissborgでは、以下の段階を目標にしています。最終的には国際的な金融機関の立ち位置を目指しており、なかなかアグレッシブな内容となっています。

フェーズ1.Wealth Manager(資産管理)

  • スイスの規制に基づいた金融アドバイザー
  • オフチェーン型の仮想通貨ファンド
  • トークンのヘッジファンド
  • ユーザーダッシュボード

フェーズ2.Cyborg Wealth Manager(人工知能型資産管理)

  • 国際的な規制に基づいた金融アドバイザー
  • テーマ特化型のトークンファンド
  • スマート資産運用委託
  • 決済ソリューション
  • ICOプラットフォーム

フェーズ3.Global Investment Manager(総合資産管理)

  • 国際的な規制に基づいた金融機関
  • アクティブ型マネージドトークンファンド
  • AIスマート資産運用委託
  • 資産のトークン化
  • トークンの取引プラットフォーム

Swissborgのトークン(CHSB)を購入できる取引所

2018年1月31日時点で、CHSBトークンを購入できる取引所は、2つになります。

どちらの取引所も、直近でICOされたトークンの取引を積極的に扱っています。

また、ERC20トークンを売買できるIDEXでも売買が可能です。こちらは、分散型取引所となり上記2社と使い勝手がかなり異なります。

SwissborgのICOを逃してしまった人は、この機会に是非登録してみてはいかがでしょうか。

また、ICOに参加した方はCHSBトークンの受け取りをお忘れなきように、「【ICO参加者向け】Swissborg(スイスボーグ)でKYC登録が必要ない人がやること」をご覧ください。


Swissborgに関する情報

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

katgum

日本語化工房の管理人。最近はPCアプリの日本語化コンテンツとともに、仮想通貨に関する情報発信に情熱を傾けています。 日本語化工房を通じ、ITで豊かな生活を創出するをモットーに日々頑張っているつもりです。

-コイン別
-,

Copyright© 日本語化工房 , 2018 All Rights Reserved.