ICO

ブロックチェーン時代の銀行「BANKERA」ICOトークンセール

更新日:

筆者が最近注目しているICOで「BANKERA」があります。個人的にこれは面白いなと思うのでご紹介します。

BANKERAの概要

BANKERA(読み:バンクエラ)とは、「ブロックチェーン時代の銀行」をコンセプトに展開されるプロジェクトです。

BANKERA自身が銀行となり、従来の銀行業務や仮想通貨を使った決済サービスを提供を行う予定です。BANKERAは、主に以下の3つの業務を行うことを目指しています。

お支払 個人IBANやデビットカード、インターバンク・レート、決済代行、支払い口座などを多数の支払いサービスを提供します。これらすべてのサービスは、従来の法定通貨に加えて、BitcoinやEthereum、DASH、NEM、ERC20準拠トークンなどの仮想通貨での決済にも対応します。また、将来のバンクエラは、国内総生産(GDP)に連動する通貨や、お金に代わる上場投資信託(ETF)の使用など、革新的なソリューションも導入していきます。

ローンと預金 ローンと預金はバンクエラの中核となるサービスであり、我々の競争優位でもあります。 当座預金は貯蓄と同様に利息の受取りが可能。また、ほとんどのローンが決済代行ソリューションを利用するビジネスクライアントに提供されるため、 バンクエラの顧客は、借り手のキャッシュ・フローに関する専有情報により、より高い金利を受けることができます。

投資 上場投資信託(ETF)、暗号通貨投資ファンド(様々な暗号通貨と暗号トークンから組み込まれたポートフォリオ)、ウェルス・マネジメントのためのロボアドバイザーなど 多数の低コストの投資商品を提供します。法人向けには、事業・経営戦略の資金調達などの投資銀行サービスも今後予定をしております。

特筆すべきなのは、今までの仮想通貨のプロジェクトではトークン化された完全デジタルの世界を扱うのに対し、BANKERAでは従来の法定通貨を扱っていることです。

プロジェクトスケジュール

現在公開されているプロジェクトは2020年までの期間になります。既に一部のプロジェクトが完了しており、その成果として、仮通貨取引所のSpectrocoinがあります。

  • ITインフラ開発(完了)
  • プレICO(完了)
  • ウォレット機能(完了)
  • ICO(2017年11月27日-2018年2月末)
  • BANKERA取引所の公開(2018年上半期)
  • 銀行機能の開始(2019年前半)
  • 投資ソリューションの提供(2019年後半)
  • 新たな通貨の提供(2020年)

BANKERAではトークン保有者に利益が配分される

BANKERAでは、トークン(BNK)の保有者にBANKERAの利益が配分されるようにできています。厳密には、BANKERAの純取引利益の20%がトークン保有者に按分される形になっており、しかも毎週配分されるようになっています。

実は利益は既に配分が始まっています。現在は、BANKERAのインフラの一部とされている仮想通貨の取引所Spectrocoinの利益が配分される形になっています。その配分状況はBANKERAのブログで公開されており、どのような配分を行ったかを見ることができます。

支払いはEthereumで、Spectrocoinに開設したEthereumウォレットに支払われるようになっています。

ICOに参加するには?

参加方法

BANKERAのBNKトークンは、Spectrocoinでアカウントを開設すると購入できるようになります。購入に必要な通貨は、Spectrocoinで扱っているものであればなんでもOKです。主に、Bitcoin, NEM, DASH, Ethereumになります。

ちなみに、SpectrocoinはICOのために用意されたWebサイトではなく、2013年からSpectro Financeにより開設されている仮想通貨取引所になります。

時がたつほどレートが不利になる

BRKトークンは、時がたつほど購入レートが不利になる仕組みになっています。

10億BRKが配布されるごとに、レートが0.001ユーロずつ上がり、本記事執筆時点で0.019ユーロで購入することができます。

参加に関する詳細は、BANKERAの公式サイトをご覧ください。

Bankera、ブロックチェーンバンクのためのICO

BRKの信頼度は?

ICOについては何でもそうですが、確実に値上がりする、その後取引所に上場するかは定かではありません。

しかし、以下の理由から比較的信頼できるICOといえます。

  • BRKトークンのICOが取引所で開催されている
  • BANKERAのアドバイザーにNEM財団の代表が入っている(注:NEMは既に上場に大成功している仮想通貨)

もちろん、ICOに確実なことはありません。実際には上場せずにトークンが電子クズになる可能性もあります。ホワイトペーパーを熟読し、自身のお財布状況と照らし合わせた上、リスクの取れる範囲でICOに参加してください。

BANKERAに関する情報

BANKERA公式サイト:英語ページ 日本語ページ

BANKERA公式Twitter:英語アカウント(@Bankeracom) 日本語アカウント(@BankeraJP)

BRKトークンの購入先:Spectrocoin

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

katgum

日本語化工房の管理人。最近はPCアプリの日本語化コンテンツとともに、仮想通貨に関する情報発信に情熱を傾けています。 日本語化工房を通じ、ITで豊かな生活を創出するをモットーに日々頑張っているつもりです。

-ICO
-,

Copyright© 日本語化工房 , 2018 All Rights Reserved.