DVD+R/RWのROM化

ROM化とは?

「ROM化」とは、DVD+R/RWのBookType(ブックタイプ)をDVD-ROMに変更することを言います。
BookTypeとは、メディアの種類を識別するためにメディアに付けられている情報のことで、
DVDドライブはこの情報を読み取ることで、メディアの種類を判別します(ドライブ独自の機構でメディアの種類を判別することもあります)。

このROM化を行うことのメリットは「メディアの互換性の向上」があげられます。
特に2層メディアの場合、ROM化をすることによってスタンドアロンのDVDプレイヤーでの読み込み成功率を上げることができます。

ROM化の条件

ROM化ができる条件:

  • メディアがDVD+R/RW (DVD-R/RW/RAMでは不可)
  • 書き込みDVDドライブがROM化に対応している
    (BenQ, LG, LITE-ON, NEC, Nu Tech, Plextor, RICOH, Samusung製のドライブである)

ROM化の手順

ImgBurnでは、「構築(出力:デバイス)」「書き込み」「検出」モードのときにROM化を行うことができます。
解説では、Plextor製ドライブで書き込みモードを使っているときを例にします。

ImgBurn: ROM化手順1

書き込みモードに入ったら、本のマークをしているアイコンをクリックします。

ImgBurn: ROM化手順2

Book Typeの変更ダイアログが表示されます。
タブからBook Typeを変更したいメディアが挿入されているドライブのメーカーを選択します。
例ではPlextorのドライブを選択しています。

ImgBurn: ROM化手順3

「変更対象」でBook Typeを変更するメディアの種類を選択します。
例では2層のDVD+R(DVD+R DL)のBook Typeを変更したいので「Drive (For DVD+R DL)」を選択しています。
ちなみに、このメニューはドライブのメーカーによって選択できる項目の種類が異なります。

ImgBurn: ROM化手順4

「新しい設定」で変更対象で選択したメディアのBook Typeをどうするかを選択します。
Plextor製のドライブの場合、Normalを選ぶとメディア本来のBook Typeのままになり、DVD-ROMを選ぶとBook TypeがDVD-ROMになります。

ImgBurn: ROM化手順5

設定が完了したら「変更」ボタンを押します。

ImgBurn: ROM化手順6

Success!という表示が出ればBook Typeの変更は成功です。

投稿日:2007/12/13 木曜日 更新日:

Copyright© 日本語化工房 , 2019 All Rights Reserved.