DVD MDSファイルの作成

DVD MDSファイルとは?

MDS(Media Descriptor File)ファイルとは、イメージファイルに関する情報を格納しておくためのファイルです。
このファイルがあることによりディスクのバックアップをより正確に行うことができます。
ImgBurnでは、MDSファイルがないイメージファイルを基にMDSファイルを作成することができます。

DVD MDSファイルを作成するメリット

DVDやCDのバックアップなどにあたって、
作成したイメージファイルを、DAEMON Toolsなどの仮想CD/DVDソフトを使って中身を確認する機会は多いかと思います。
しかしながら、DAEMON Toolsに対応しているイメージファイルの形式は限られています。

ImgBurnでDVD MDSファイルを作成することによって、
もともとDAEMON Toolsに対応していなかったイメージファイルをDAEMON Toolsでマウントすることができるようになります。

ImgBurnでMDSファイルが作成可能で、かつDAEMON Toolsが対応していないイメージファイルの形式は以下のとおりになります。

 CDR DI DVD GCM GI IBB IBQ IMG LST UDI

DVD MDSファイルの作成

ImgBurn: DVD MDSファイル作成手順1

メニューの「ツール」>「DVD MDSファイルの作成」を選択します。

ImgBurn: DVD MDSファイル作成手順2

ファイルリストのスペースにファイルを追加します。ファイルの追加はD&Dか、「追加」ボタンから行うことができます。

ImgBurn: DVD MDSファイル作成手順3

MDSファイルの名前を指定して保存します。

投稿日:2007/12/13 木曜日 更新日:

Copyright© 日本語化工房 , 2019 All Rights Reserved.