記事の詳細


iCloudやiPhone/iPadからあらゆるデータ管理ができるアプリ「AnyTrans」のご紹介になります。

実はAnyTransのレビューは過去に3回取り上げており、いずれも異なる視点で取り上げました。第1弾第2弾第3弾はこちらになります。

はじめに

レビューのポリシー

通常、製品のレビューは原稿料をいただいた上で書いていますが、原稿料をいただきつつも以下のポリシーでレビューを行っています。

  1. 製品の特徴や特長を知ってもらう
  2. 製品の良くないところを知ってもらう
  3. どんな人に製品が向いているかを知ってもらう

筆者は、特に大事なのは製品の良くないところを知ってもらうことだと考えています。この点を受け入れてから製品を利用することで、最終的に満足度が向上すると確信しています。レビューは公平であるべきです。今回もそのようなポリシーでレビューを行います。

筆者の動作確認環境

筆者の動作確認環境は、以下の通りになります。実際のご利用のバージョンによって、レビューで紹介した動作内容が得られない場合があります。

  • iOS端末:iPhone 7 SIMフリー(iOSバージョン:10.2)、iPad mini 4 SIMフリー(iOSバージョン:10.2.1)
  • PC端末:Windows 10 Pro 64bit
  • AnyTransハージョン:5.5.0 (※参考:第1弾は5.1.0、第2段は5.3.1、第3弾は5.4.0)

どうして第4弾までもレビューをするのか?

メーカーのiMobie社の方には失礼な話になりますが、同じ製品を4か月連続でレビューするのは正直うんざりでした。実は、依頼が来た時は断ろうと思ったのですが、案内された新機能を実際に使ってみた時に「これはかなり使える!」と感じました。そこで第4弾のレビューも行うことに至りました。

AnyTransの基本機能のおさらい

まずはこれまで取り上げたAnyTransの機能のおさらいになります。

AnyTransの概要

AnyTransは、iPhoneやiPadのようなiOS端末を管理するためのPCアプリになります。この手のアプリとしては珍しく、iTunesデータベースとの同期を意識して作られており「iTunesも使いつつiOS端末も使いたい。だけどiTunesの同期機能は使いにくい。」という方にも受け入れやすい製品になっています。AnyTransは扱えるコンテンツ種類が多く、これさえあればiOS端末を一通り管理できる機能が盛り込まれています。

AnyTransでできること

AnyTransは、とにかく機能が豊富です。主要な機能を以下に記載します。

  • コンテンツのインポート/エクスポート
    オーディオ、ビデオ、写真、Safariブックマーク、ブック、ポッドキャスト、
    iTunes U、留守番電話、メッセージ(SMS/iMessageなど、エクスポートのみ)
  • USBメモリ
  • iOS端末間でデータ一括移行
  • iTunesライブラリとの同期
  • テーマ選択 前々回レビュー時に追加された機能
  • 動画共有サイトからの動画ダウンロード、直接転送 前回レビュー時に追加された機能
  • iCloudコンテンツ管理機能 ←今回追加された機能、これからのレビュー対象

AnyTrans 5.5.0の新機能とは?

新機能概要

AnyTrans 5.5.0では「iCloudコンテンツ管理機能」が追加されました。これによって、以下のコンテンツのインポートやエクスポートができるようになりました。

  • 連絡先
  • メモ
  • 写真
  • リマインダー
  • カレンダー
  • iCloudバックアップ
  • iCloudアカウント間のデータ転送

実はこれらのデータをPCにインポート/エクスポートすること自体は今までも出来ましたが、1つだけ大きな問題がありました。それは、これらのデータがiCloud連携をしている場合、iOS端末側でiCloud連携をオフにするがある事でした。データをインポート/エクスポートするためだけに毎回連携をオフにするのは使い勝手を大きく損ねるため、筆者としてはこの点を否定的に捉えていました。

ところがAnyTransがバージョン5.5.0になり、iCloud連携しているコンテンツがiCloudから直接インポート/エクスポートできるようになっため、今までのような面倒な手順が必要なくなりました。

今回は、筆者の環境の制約で「iCloudアカウント間のデータ転送」だけ確認できませんでした。それ以外の機能確認はできたので、その中で特に良いと感じた機能や注意点を紹介します。

iOS端末ローカルと同じような使い勝手なiCloudコンテンツ管理機能

新機能のiCloudコンテンツ管理機能も、基本的には今までの使い勝手と変わりません。各カテゴリから個別や一括でデータをインポート/エクスポートすることができるようになりました。

AnyTrans 5.5.0 コンテンツ別の画面、ここからさらに個別データをインポート/エクスポートする

AnyTrans 5.5.0 コンテンツ別の画面。個別データをインポート/エクスポートすることができる。

AnyTrans 5.5.0 一括管理画面。データのインポート/エクスポートを一括して行うことができる。

AnyTrans 5.5.0 一括管理画面。データのインポート/エクスポートを一括して行うことができる。

 

特に歓迎できる連絡先のエクスポート機能

メモや写真はiCloudのWebページから比較的インポートしやすい、リマインダーは一過性のイベントに関することで管理メリットが少ないという観点で見ていくと、筆者はこの中で一番便利なのは連絡先のエクスポート機能だと考えています。

連絡先は、普段はiOS端末上のみで情報管理ができれば十分ですが、冠婚葬祭や季節性のイベントで大量のはがきを出すような場合、パソコンに連絡先情報をまとめて取り込む必要がでてきます。この機能ではこのような需要にこたえてくれます。

ただし、エクスポートされた連絡先はiCloud内で扱うデータフォーマットのせいか、処理用の文字列が入っておりある程度の加工が必要になります。また、住所を詳細に入力していたり、メモ欄で複数行の内容を入れていたりすると、改行コードがCSVファイルに反映され、CSVファイルに情報がきれいに反映されない現象が起こります。それでも、個別にコピーペーストするよりは、まとめてデータを取得できるのは便利です。

iCloudからエクスポートされた連絡先。生データなのか、内部処理用の文字列が入っている。

iCloudからエクスポートされた連絡先。生データなのか、処理用の文字列が入っている。

2017年3月22日追記:あのあと表示について開発元にフィードバックしたところ、バージョン5.5.1よりきれいに出力されるようになりました。

とりあえずデータを突っ込めばOKなiCloudインポート機能

もう1つ便利な機能がiCloudインポート機能になります。

この機能に対応しているファイル形式は大まかに、画像と連絡先情報になります。「iCloudインポート」をクリックするとファイルを選ぶダイアログが表示されるので、あとはファイルを指定するだけ。AnyTrans側で適切なiCloudのカテゴリにファイルをアップロードしてくれます。

AnyTrans 5.5.0 iCloudインポート機能。インポートしたデータは自動的に適切なカテゴリに振り分けられる。

AnyTrans 5.5.0 iCloudインポート機能。インポートしたデータは自動的に適切なカテゴリに振り分けられる。

2ファクタ認証の無効化が必要

AnyTransでiCloudのデータをインポート/エクスポートするには、今までの極めて面倒な手だてがなくなったとはいえ、それでも万能ではありません。今のところ、この機能を使うことができるのは2ファクタ認証を無効にした場合になります。2ファクタ認証はiCloudのアカウント管理ページから無効にすることができます。

2ファクタ認証を無効にすると、iOS端末の使い勝手は向上する反面、セキュリティレベルは確実に落ちます。無効にした場合は、認証時に求められる秘密の質問を3つ設定することになるので、知り合いが知らないようなマイナーな回答内容になる質問を選び、セキュリティを確保するように努める必要があります。

AnyTrans 5.5.0 2ファクタ認証オフ

iCloudのアカウント管理ページから2ファクタ認証を無効にする必要がある。

新機能について読んでおくべきiMobie社の公式ガイド

これらのガイドは製品を持っているユーザー向けになりますが、このようなページを見ることで具体的にAnyTransの機能や動きがどのようなものか、ある程度把握することができます。ご参考までのご紹介します。

AnyTransの詳細情報

AnyTransリンクボタン

動作環境

OS:Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista, XP (64ビット & 32ビットの両方)
Mac OS:macOS Sierra / Mac OS 10.11 / 10.10 / 10.9 / 10.8
iOS:iOS 10 / 9 / 8 / 7 / 6 / 5
※iOS 8.3以降のOSでは、iOSの仕様変更により「App」機能をご利用いただけません。
(iOSは8.3以降ファイルマネージャアプリからAppsディレクトリにアクセスできない仕様に変更になりました)
モニター:1024×768 ディスプレイ以上
CPU:Pentium IV 2.4 GHz 以上
RAM:512MB以上
グラフィックカード(ビデオカード):3Dグラフィックアクセラレーション機能、64MB以上
サウンドカード:Windows(Machintosh)と互換性のあるサウンドカード
ハードディスク:100 MB以上の空き容量
その他:iTunes 9.0以上、iTunesモバイルデバイス ドライバーがインストールされていること

対応機種

iPhoneシリーズ:iPhone 3G / 3GS, iPhone 4 / 4s, iPhone 5 / 5c/ 5s, iPhone 6 / 6plus, iPhone 7 / 7 Plus
iPadシリーズ:iPad, iPad 2, 新型iPad, iPad 4, iPad mini, iPad Mini(Restinaディスプレイモデル), iPad Air
iPod shuffleシリーズ:iPod Shuffle 1, iPod Shuffle 2, iPod Shuffle 3, iPod Shuffle 4
iPod miniシリーズ:iPod Mini 1, iPod Mini 2
iPod nanoシリーズ:iPod Nano 1, iPod Nano 2, iPod Nano 3, iPod Nano 4, iPod Nano 5, iPod Nano 6, iPod nano 7
iPod classicシリーズ:iPod Classic 4, iPod Classic 5, iPod Classic 6
iPod touchシリーズ:iPod touch 3, iPod touch 4, iPod touch 5

対応形式

ムービー:MP4, M4A, MOV, WMV, AVI, FLV
ミュージック:MP3, M4A, MP4B, WMA, WAV
ミュージックビデオ:MP4, M4V, MOV, WMV, AVI
ポッドキャスト:MP3, M4A, M4V
着信音: MP3, M4A, M4R, WMA, WAV
テレビ番組:MP4, M4V, MOV, WMV, AVI
オーディオブック:MP3, M4B, MP4A,WMA, WAV
ボイスメモ:MP3, M4A
iTunes U:MP3, MP4, M4V, WMA, WAV
iBook:PDF, EPUB
写真:JPG, PNG, GIF, BMP
※ダウンロード購入した音楽は転送できません。
※暗号化されたバックアップの取り扱いはできません。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連コンテンツ

ページ上部へ戻る